記事一覧

◆気仙沼ホルモンとは?

ファイル 222-1.jpgファイル 222-2.jpg

                   


「気仙沼ホルモン」とは、一般的なホルモン焼とはまったく違う、気仙沼で生まれ育った独特の食べ物です。生のホルモン(豚のタン・ハツ・ガツ・レバー・大腸・小腸をミックスしたもの)を味噌とニン二クのタレで味付けし、網や鉄板の上で焼きます。焼きあがったホルモンは、小皿にとった千切りキャベツの上にのせ、お好みでウスターソースやしょう油をかけて食べます。濃い口のホルモンとキャベツのシャキシャキとした食感は、絶妙の組み合わせで、一度食べたらやみつきになります。
気仙沼の新名物「気仙沼ホルモン」を是非一度お試し下さい。