記事一覧

安藤竜司

ファイル 33-1.jpg

 創業75年、『磯屋水産』代表取締役として、日々、魚を追いかけております。特に、カツオ、鮪類の目利きには、絶大な信頼をいただいており、ありがたいと感じています。
 このシェフズ倶楽部においては、「食材天国」気仙沼で活躍している料理人たちと、旨いものを様々な切り口で全国に紹介していきたいと思います。

■安藤竜司さんの投稿記事はこちら
■磯屋水産の情報はこちら

清水直喜

ファイル 31-1.jpg

 『寿司処 大政』を経営しております清水と申します。
 ふかひれ寿司は、今や気仙沼のブランドの火付け役として全国に広く知られるようになりました。
 素材が豊富な気仙沼で、様々な分野の料理人が頑張っていることは非常に心強いことだと感じております。シェフズ倶楽部のメンバーの方々には、全国の皆様や地元の人達に喜んでもらえるような新メニューを開発してくれることを期待しています。ホームページ開設で、ますます倶楽部の知名度が上がると思いますので、私も会に恥じないよう努力したいと思います。
 みなさん、頑張りましょう!

■清水直喜さんの投稿記事はこちら
■寿司処大政の情報はこちら

熊谷昌宏

ファイル 46-1.jpg

熊谷商店を経営している熊谷です。
朝、青果市場へ行き、地物野菜をセリで仕入れ、老人福祉施設などへ配達、午後からはサメ型タイ焼き『焼きジョーズ』やソフトクリームなどを販売、夕方は居酒屋へ酒を配達する毎日です。
日々、当たり前に接している野菜を通して、食材や食生活の重要性を考えていきたいと思っています。

■熊谷昌宏さんの投稿記事はこちら
■熊長商店の情報はこちら

小笠原義治

ファイル 44-1.jpg

『和Restaurant唐や』でホール担当をしています。
また、店のロゴや商品ラベルなどのデザイナーの仕事もしております。シェフズ倶楽部では、食について学ぶだけではなく、自分の特技もいかしていければと思います。

■小笠原義治さんの投稿記事はこちら
■和Restaurant唐やの情報はこちら

吉田隼人

ファイル 43-1.jpg

『和Restaurant唐や』の調理師として働いております。まだまだキャリアの短い若手ですが、シェフズ倶楽部の活動を通じて、気仙沼について自分がまだ知らないことや、ひとにあまり知られていないことを学び、自分なりに発信できたらと思います。

■吉田隼人さんの投稿記事はこちら
■和Restaurant唐やの情報はこちら

斉藤将太

ファイル 42-1.jpg

『和Restaurant唐や』の調理師見習いとして頑張っております。
シェフズ倶楽部ではいろいろな食材にふれ、食に関する様々なことを学び自分の将来にいかしていきたいと思います。

■斉藤将太さんの投稿記事はこちら
■和Restaurant唐やの情報はこちら

門馬亮

ファイル 29-1.jpg

 気仙沼で中国料理店『新京』を経営している門馬です。
 この気仙沼シェフズ倶楽部を通して、人と人とのつながりの大切さを改めて感じました。そのつながりの中で、今まで知らなかったことや、感じたこと、また、この気仙沼という土地のすばらしさを再認識することができました。
 ここ気仙沼という土地の中で、「食」に携わる一員として、皆さんと共に地元のすばらしさを伝えていきたいと思います。

 今この不景気と言われる時代ですが、ここ気仙沼も例外ではないと思います。しかし、自分がよく遊んでいた幼少のころはとても活気があるように思えました。あの当時と比べ、今の気仙沼はどういう状態か、何が足りないのかをみなさんと共に話し合い、それを形にしていくことが必要であると思います。

■門馬亮さんの投稿記事はこちら
■新京本郷店の情報はこちら

千葉淳也

ファイル 27-1.jpg

 『とうふ工房おもて』の千葉です。
 一人前の職人になるには10年かかると聞いたことがありますが、私は今年で7年目。まだまだではありますが、確実にとうふについて理解を深めてきている気がします。
 豆腐作りも毎日が真剣勝負。毎日の天気にあわせて、大豆と「にがり」と水を絶妙のタイミングでコラボレートさせる、豆腐作りの世界はまさに「科学」であります。
 気仙沼の「地大豆」を日々探し求めています。

■千葉淳也さんの投稿記事はこちら
■とうふ工房おもて(マサキ食品)の情報はこちら

菅原良雄

ファイル 25-1.jpg

 こんにちは。気仙沼市在住の菅原です。
 岩手県陸前高田市の飲食店『海鮮処 ひとかべ』に勤務しています。
 シェフズ倶楽部では様々な業種の方々がおられるので、色々な知識を身につけ今後にいかしていきたいと思います。

■菅原良雄さんの投稿記事はこちら

菅原豊樹

ファイル 24-1.jpg

 『すがとよ酒店』四代目の菅原豊樹と申します。
 地元気仙沼で元気に頑張る酒販店を目指しています。
 創業100周年(平成31年)を目標にお酒を通してお客様に楽しさを提供できればと考えています。

■菅原豊樹さんの投稿記事はこちら
■すがとよ酒店の情報はこちら