記事一覧

酒蔵環境研究会 東日本大震災復興トラスト

先日、インターネットを見ていたら、菅原理事長の男山本店さんを応援する東日本大震災復興トラストの記事を見掛けました。

 ぜひ、全国の皆さんからの思いやりが集まりますようご協力いただければ幸いです。
 すみません。これは、事務局 佐藤の私見の投稿記事です。


 ↓ 酒蔵環境研究会 東日本大震災復興トラストのオフィシャル

http://trc1998sakaguraken.seesaa.net/article/209894795.html

オサカナモニュメント

ファイル 107-1.jpgファイル 107-2.jpg

慶応大学の皆さんの協力で実現した8月12日のオサカナモニュメントのアーチ。

 子供たちが、それぞれの思いを胸に、アーチをくぐっている姿が印象的でした。『港まち 気仙沼』と魚との関わりは、古くから狩りや漁の暮らしの縄文時代からの関係性があります。

 きっと子供たちの心の中にも、オサカナへの思いは他地域の子供たちよりも強いのだろうなぁと思いました。

10000灯のキャンドルナイト

ファイル 104-1.jpgファイル 104-2.jpgファイル 104-3.jpgファイル 104-4.jpg

昨日、気仙沼小学校の校庭で『10000灯のキャンドルナイト~想い一つに 心をこめて灯を~』 が開催されました。

 神戸の子供たちからのメッセージも記載してあって、すごく感動しました。

中西圭三さんのオフィシャルHP

本日、午後3時30分からの中西圭三さんの気仙沼でのライブ情報が、ご自身のオフィシャルブログにも掲載されています。

多くのアーティストの皆さんの温かい思いやりが、大きな動きを生んでいただいている気仙沼! 人と人との交流が生まれて素晴らしいと思います。

http://www.keizo.jp/

LIGHT UP NIPPON ~追悼・復興の花火~

ファイル 101-1.jpgファイル 101-2.jpg

気仙沼の鎮魂イベントが昨日よりスタートしました。

今回の被災地数か所で同時に「追悼」と「復興」をテーマに、花火を『LIGHT UP NIPPON』の花火が打ち上げられました。 関係者の皆さん、そして全国より支援いただきました皆様に心より感謝申し上げます。

 市内各箇所から花火を眺める市民、そして特別観覧席には、ご家族を失くされた約50名の皆様がそれぞれの思いの中で、静かに追悼花火を観覧いただきました。献花の際には、涙ぐまれる方もいて、静かに、そしてこれまでにない『ぐっ』と心を打つような花火となりました。

 以前、唐やの吉田親方もいっていましたが、“今ぼくらにできることは、亡くなった仲間たちの思いを胸に、復興へと進んでいこう”ということだけです。

 むずかしい事はわかりませんが、利権で物事を判断するのではなく、それぞれの長けた分野の知識、英知を結集して、松下幸之助さんの言葉をお借りするならば、『衆知を集めた全員経営』気仙沼の精神で邁進していきたいと思います。

 いつの時代だって先の見えない不確かな時代だったはずです。その中で先人が築き上げてきた大和魂は僕らのDNAの中に眠っているはずなのだと感じます。 

 ~ いつの日か 東北を 明るく 元気に ~

港・けせんぬま復活祭

ファイル 100-1.jpg

「追悼」「祈り」「復興・感謝」をテーマに本日11日~13日まで、けせんぬまの鎮魂イベントが開催されます。

 多くの方々の協力のもと、追悼喧嘩、灯籠流し、追悼花火の打上や、12日は、復興のライブがあり、多数のアーティストさんが青空ライブを開催していただきます。

 ぜひ、皆さんご来場ください。
↓ 『公式サイトはこちら』

http://www.city.kesennuma.lg.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1312352790161&SiteID=0

思い出 修復作業

ファイル 99-1.jpg

さきほど、リアス・アーク美術館の山内さんに会いにうかがったところ、外で、津波によって流された“思い出の品”を細かいブラシをつかって修繕されている博物館関係の皆さんや、学生の皆さんをお見かけしました。

 一つ一つの賞状も、きれいに元の形に修復されていて、いつか必ず持ち主の方に戻っていくことが望まれます。

 気仙沼市外の方々が、この地域の暮らしに対する支援には、本当に感謝申し上げます。

カツオ目利き師  竜司さん 復活!!

ファイル 96-1.jpgファイル 96-2.jpg

8月6日(土)、午前中に先輩と魚市場の様子を見にいったら、安藤竜司副理事長に会いました。

本日の水揚げはカツオ50トン。
多くの買受人で賑わっている市場を目の当たりにして、気仙沼らしさに誇りに感じました。

 竜司さんは、「この魚市場も休んでいると静かなものだったけど、こうやって、カツオが揚がって、またみんなここ(気仙沼魚市場)に集まって多くの人で賑わってすごく良いじゃないか。」とおっしゃってました。

 「冷凍コンテナ等々、設備をもっと集中したり、そのためのスペースを設けれたら、皆で協同体でもっとがんばれるよ!」と。
 
 私から竜司さんに、『ひさびさに魚を持った写真撮らせてくださいよ!』といったら、ニッコリ良い表情をしていただきました。

 やっぱり海の男は、会議室で議論するより、魚市場が似合います☆ 

日の出凧

ファイル 97-1.jpg

 先日、東京から見えられた先輩にお渡ししたお土産は、『気仙沼縁起 日の出凧』。

 気仙沼らしいお土産を考えた時に、観光コンベンションさんが販売されている「日の出凧」がぜひ欲しいと思い、うかがったところ、観光案内所にて「津波にあってしまって箱が少し汚れていますが、、、」と言われたんですが、『いや、ぜんぜん問題ないのでください。』といって買ってきました。


 東京の先輩には、「津波にあった日の出凧ですが、気仙沼の心意気ですから。」と言って渡したら、意味をわかってくれて喜んでくださいました。

 日の出凧に掛けた思いは、“日はまた昇る”
 “SUNRISE”でありたい!! その思いだけです。

気仙沼発! ファイト新聞

ファイル 98-1.jpgファイル 98-2.jpg

気仙沼小学校の避難所で、私と同じ部屋で過ごした子供たちのファイト新聞。

書籍化されたことにすごく驚いたのですが、避難所の皆さんに元気を与えただけではなく、新聞をつくってくれた子供たちに『ありがとね!』『立派な新聞だね!』って優しい言葉をかけてくれたすべての皆さんがそこには居ました。

そして、部屋のみんなで回覧してたファイト新聞を、全国に発信できたのも、ある人の熱意によるところが大きい。

それは、スローフード都市宣言担当の市役所の及川さんの熱意。


3月11日以降、避難所運営のリーダーとして、子供たちのこの取り組みを、壁新聞に貼り出したのは、彼の情熱でした。

避難所の朝のミーティングで及川さんが『ぜひ、子供たちの想いを、皆さんに見ていただきたい。』と言ってファイト新聞を貼り出してくれました。そこから、徐々に地元紙や、多くの外からの報道機関さんに取り上げていただきました。全国や海外の皆さんから、多くの反響のお手紙や文具、デジカメやチェキまで贈っていただいて、小さな子供たちの思いが国内そして世界に感動を呼びました。

なんだか、わからないスゴイパワーにつつまれていく感じを実感していく中で、私自身考え方が変わりました。最初は避難所生活をカメラが回されることに抵抗があったのですが、「今の気仙沼の正しい情報を、示していくこと、多くの皆さんにご理解いただくことが実はすごく大切なんだ!」と。

一生懸命、毎日毎日の出来事を長机にすわって、子供たちが、みんなで書いていたのが印象的だったファイト新聞。

 避難所でかかわっていた子供たちが、小さな奇跡を生んだ!
 そのことが、すごく嬉しいです。