記事一覧

涙がでるぜ

ファイル 86-2.jpg

清洋水産の清水社長本当にありがとうございました。
また清勝丸のみなさんご支援ありがとうございます。

大きな地震のあと各地を襲った大津波、ライフラインが寸断され通信網が絶たれ気仙沼も甚大な被害をもたらしました。
それでも気仙沼港は、大島に守られ魚市場の屋上に避難した我々八百人あまりも全員無事でした。
いち早く清水社長には多大なるご支援をいただきまして、本当にありがとうございます。
これから復興に向けて全力でがんばっていきます。

ありがとうございます

ファイル 85-2.jpg

有限会社 アイフーズの寺田社長たくさんの気持ちのこもった支援物資の数々本当にありがとうございました。
ソフトバンクがぜんぜん復旧しないなか、皆様に家族も社員も社員の家族も全員無事ですの一言が伝えられず申し訳ございませんでした。
皆様のたくさんの愛情しっかり受け取りました。
復興にむけて全力でがんばります。

きれいなお花と僕

ファイル 84-1.jpgファイル 84-2.jpg

瓦礫ばかりの魚市場周辺と磯屋水産に少しでも希望の光をと、東京からお花を飾りにきてくれた鈴木社長 粋な計らいありがとうございます。
泡盛のラベルにはがんばれ磯屋水産の文字が・・・・・。

市場も会社もぼろぼろだけど、みんなからもらった愛情や励まし、数々の応援、ありがとうございます。 
本当にありがとうございます。

まだまだここからがんばるぜー。

                安藤 竜司

津波でやられたぜ

ファイル 83-1.jpgファイル 83-2.jpg

気仙沼に住んでて、ましてや魚市場のまん前の海の側で商いをしているからには、地震と津波は覚悟の上だぜ なんて思ったおいらが赤坂見附。 意気込みだけは気仙沼生まれの江戸っ子よろしく気合十分のつもりが・・・・・。
ついにきました正真正銘の大津波 
 
しゃれにならないよ、死ぬかと思った。

やっと大きい鰹が来たぜ

ファイル 65-1.jpg

こんにちは、気仙沼魚市場の名物男、人呼んで目利きの達人 安藤竜司でございます。
去年の鰹漁は、未だかつて経験したことのないほどの大不漁で市場に水揚げされる鰹もほとんどがピンコとかチンピラと呼ばれる1キロちょっとの小さいものばかりでした。
今年は北上が遅れてて、やっと来たぜと喜んだものの、形が小さくてちょっと物足りなかったんだけど、やっと大きいのが入ってきましたよ奥さーん
やっぱりいいねぇ大鰹 

でっかい平政とぼく

ファイル 63-1.jpg

とったどーと言いたいところだが普通に気仙沼に水揚げされた平政です。 ちょっとでかいっす。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ